中村英代
2011

拒食、過食、嘔吐を主訴とする摂食障害。個人、家族、社会に原因を探るのではなく、「人々はどのように回復しているのか」に焦点をおいて、18人のストーリーを追いかける。初の本格的なナラティブ臨床研究。

Read more... Read less...
Booklisti may receive a small commission if you purchase a book.

摂食障害の語り

〈回復〉の臨床社会学